自然情報

2022年 夏の自然情報

2022年8月8日 自然情報
天敵が居なくなる夕暮れ時になるとセミの幼虫が地中から出てきて木に登り羽化をします。背中が割れイナバウアーから腹筋をして起き上がり羽を広げ朝には飛び立ちます。神秘的なこの瞬間を自然案内人と観察してみませんか?自然案内人による「セミの羽化観察」は8/14まで開催されていますので是非ご参加ください!
  • ▲羽化場所を探すアブラゼミの幼虫
  • ▲背中が割れイナバウアー開始
  • ▲お尻だけが残る逆さ吊りの状態
  • ▲腹筋をして起き上がります
  • ▲縮んでいた羽が広がります
  • ▲羽がドンドン広がります
  • ▲羽がドンドン広がります
  • ▲エメラルドグリーンのきれいな羽
  • ▲お尻の抜ける瞬間(前)
  • ▲お尻の抜ける瞬間(後)
  • ▲ヒグラシかな?
  • ▲わかる方教えてください
2022年8月5日 自然情報
辺りが薄暗くなると園内の烏瓜(カラスウリ)の花が咲き始めます。レースの様な真っ白なきれいな花です。夏のこの時期にしか見ることができない烏瓜の花を是非ご覧ください。必見ですよ!!
  • ▲テニス山側の烏瓜
  • ▲テニス山側の烏瓜
  • ▲ネットに絡みつく烏瓜
  • ▲横から見た烏瓜の花
  • ▲森林の湯の烏瓜
  • ▲森林の湯の烏瓜
  • ▲翌朝にはしぼんでしまいます
  • ▲森林の湯のツボミとしぼんだ花
  • ▲ツボミ
  • ▲ツボミの先が5つに割れてきます
  • ▲更に大きく割れてきます
  • ▲レース状のものが出てきました
  • ▲ドンドン伸びます
  • ▲ドンドン広がります
  • ▲やっと開花です
  • ▲秋にはオレンジ色の実がつきます
2022年8月3日 自然情報
猿滑(サルスベリ)がピンク色のシワシワの花を咲かせています。幹がスベスベで猿も登れないということから この名前になりました。また夏の間100日間も咲き続けるので別名百日紅(ヒャクジツコウ)とも言います。
  • ▲猿滑はピンク色のシワシワの花
  • ▲レクレーションセンターの猿滑
  • ▲P4の猿滑
  • ▲P4の猿滑
  • ▲ウォーターパークの猿滑
  • ▲ウォーターパークの猿滑
  • ▲ウォーターパークの猿滑
  • ▲イベントホール前の猿滑
  • ▲イベントホール前の猿滑
  • ▲枝先に新しいツボミを次々につけます
  • ▲ツボミが沢山あって次々に咲きます
  • ▲樹皮がむけて木肌はスベスベ
2022年8月園内散策フラワーマップ
ノウゼンカズラ、ハマボウなどの夏の明るい花がたくさん咲き始めました。
夏鳥たちのきれいな鳴き声もステキです。五感を研ぎ澄ませてつま恋の自然をお楽しみください。
●自然案内人と楽しむ 8/14まで開催の「セミの羽化観察」、8/19から開催の「早朝自然探検隊」がおすすめです。是非ご参加ください!
●北回り周遊道路約2.5km(散歩歩きで約42分)
●南回り周遊道路約3km(散歩歩きで約50分)
TOPへ戻る